2014年のペットにかかる1ヶ月の平均飼育費用「8,206円」2013年との比較で1,796円減少


T&D保険グループのペット&ファミリー少額短期保険株式会社(東京都文京区、 代表取締役社長:仲尾 孝)は、 ペットを飼っている20〜80代の男女1,000人を対象に、 『ペットの飼育費に関する家計簿調査』(インターネット調査)を実施しました。

【調査背景】
2014年は増税やアベノミクスなど、 家計に関わるニュースが多かった1年。 ペットオーナーとペットの家計事情はどのような1年だったのでしょうか。 そこで、 犬、 猫のペットオーナーに対し、 「ペットの飼育費に関する家計簿調査」を行いました。

【調査結果サマリー】
●1ヶ月の平均飼育費用は 「¥8,206」 と前年同時期の調査結果 「¥10,002」 と比較し、 月間費用で ¥1,796減少(前年比82.0%) していることがわかった。
●ペットにかける費用を「食費」や「おやつ費」など計7項目でお聞きしたところ、 2013年との比較では犬オーナー・猫オーナー共に全ての項目でマイナスとなった。
●ペットの家計に占める各項目の割合を2013年と比較すると、 「食費(+1.0pt)」「おやつ費(+0.8pt)」「医療費(-2.5pt)」の変動が大きく 、 「食」に関する費用の割合が増加している。
●アベノミクスの影響については「影響はなかった」との回答がオーナー自身の家計で59.3%、 ペットの家計で72.5%と多数。
●ペットのためにもっと費用をかけたいと思っている項目は「食費」で64.2%と半数以上が回答、 次いでおやつ費が20.3%となった。 「食費」「おやつ費」ともに2013年と比べペットの家計に占める割合が増加しており、 平均費用が減少するなかでも「食」を充実させたいというペットオーナーの意向が汲み取れる。
●2014年にペットのために奮発して購入したものは、 「犬小屋」や「ペットカート」といった商品に加え、 「医療費」という回答も。 家計における医療費の割合は減少しているものの、 万が一の際の負担が大きいことがうかがえる。 一方、 オーナーが奮発して購入したものは自動車やリフォームなど。

【調査概要】
●調査対象 :全国の20歳以上の男女(犬もしくは猫を飼っている方)
●有効回答数:1,000サンプル(男性・531サンプル、 女性・469サンプル)
●調査方法 :インターネットリサーチ
●調査期間 :2015年1月5日(月)〜2015年1月8日(木)

 

 

しつけ&ハンドリング講習しつけ&ハンドリング講習 アロマドッグマッサージ教室アロマ&ドッグマッサージ教室 ダックスフンド子犬の里親募集ダックスフンド子犬のオーナー様募集中 ダックスフンド交配(カニンヘン交配、ミニチュアダックス交配)のご案内ダックスフンド交配犬のご案内・受付
子犬スターターセット
子犬スターターセット
ドッグケア アロマ スターターセット
ドッグケア アロマ スターターセット
肉球クリーム
肉球クリーム
虫除けアロマ スプレー
虫除けアロマ スプレー